端午の節句 菖蒲酒
端午の節句懐石では食前酒に菖蒲酒をご用意しています。
旧暦では午の月は5月にあたり、この午の月の最初の午の日を節句として祝っていたものが、のちに5が重なるこの月の5日が端午の節句の日になったといいます。「端」は物のはし、つまり「始り」という意味で、元々「端午」は月の始めの午の日のことだった。後に、「午」は「五」に通じることから毎月5日となり、その中でも数字が重なる5月5日を「端午の節句」と呼ぶようになったともいいます。
中国で始まったこの節句は、邪気を払い健康を祈願する日とされ、蓬(よもぎ)で作った人形を飾ったり、菖蒲酒を飲んだりする風習がありました。
日本では鎌倉時代ごろから「菖蒲」が「尚武」と同じ読みであること、また菖蒲の葉が剣を形を連想させることなどから、端午は男の子の節句とされ、男の子の成長を祝い健康を祈るようになりました。鎧、兜、刀、武者人形や金太郎を模した五月人形などを室内の飾り段に飾り、庭前にこいのぼりを立てるのが、典型的な祝い方で、鎧兜には男子の身体を守るという意味合いが込められています。
『菖蒲』は古来の中国では霊草と考えられてきました。
b0077394_17534367.jpg

『端午の節句』でご用意する『菖蒲酒』には、もともとのサトイモ科の『菖蒲』を用います。この『菖蒲』には、食欲増進、疲労回復などの薬効があります。
作り方は、きれいに洗った『菖蒲』の根を日本酒に漬けて香りが移ればできあがり。すがすがしい菖蒲の香りのする、端午の節句には欠かさずに飲まれてきた厄除けのお酒です。
[PR]
by hirakartas | 2010-05-02 18:01 | 支配人の独り言

かつて門真の名産品だった河内蓮根 生産農家とともに名物料理に
by hirakartas
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
リンク
門真蓮根を食す
  日本料理仙亭
日本料理仙亭ページへ
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
画像一覧