五月の献立 粽(ちまき)
端午の節句の献立にはを用いることがよくあります。
何故端午の節句に粽なのかWikiで調べてみました。
”端午の日にはちまきや柏餅(かしわもち)を食べる風習もある。ちまきを食べるのは、中国戦国時代の楚の愛国詩人屈原の命日である5月5日に彼を慕う人々が彼が身を投げた汨羅江(べきらこう)にちまきを投げ入れて供養したこと、また、屈原の亡骸を魚が食らわないよう魚のえさとしたものがちまきの由来とされる。”

今年の端午の節句懐石は門真の仙亭では風コース、枚方の仙亭では雅コースで鮎粽寿司がおしのぎとしていただけます。
b0077394_9523760.jpg

鮎を山椒で煮て、粽寿司でご用意いたしました。
[PR]
by hirakartas | 2010-05-02 09:54 | 支配人の独り言

かつて門真の名産品だった河内蓮根 生産農家とともに名物料理に
by hirakartas
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
リンク
門真蓮根を食す
  日本料理仙亭
日本料理仙亭ページへ
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
画像一覧